月曜の朝が恐怖!?苦手な人間関係、職場の不安と緊張で「心がかなしばり」何とかしたいけど,.もうこんな歳,.と、勇気が出ない40代のあなたへ!

「魂が喜ぶ魔法のキネシオロジー」ヒーリングサロン「青い空の氣」曲尾幹夫のブログ

環境問題なんてないよ!と言ったら「あなたは?」

2019.7.6


温暖化以外にも、最近では、
海洋プラスチックのゴミ問題や
農薬大国日本:ネオニコチノイドでミツバチが消える
など、生態系の汚染問題がよく話題になっていますが。

Q:質問です=『環境問題』なんて、無いのです!と言ったらあなたは「どう思いますか?」

=「それって、どういうこと?」
=「何言ってるの?」
=「え!?。そんなことはないでしょ!」って思う方が多いと思います。

>だって〜
:温暖化、今話題のプラスチックゴミなどの海洋ゴミ問題。
私が子供の頃はヘドロ、光化学スモッグ
大気汚染、化学物質汚染、農薬問題、種子法、水質汚染、
産業廃棄物、核のゴミ:原発問題などなど。。。

上げればきりが無いじゃ無いですか〜!。。。
世界中『環境は、問題だらけでしょ!』って思う人が多いですよね???

A:そう『問題』はとっても多い!

=「そうでしょ!」=

 

ここで、尊敬する
「養老猛司さん」のお話から;
:FM-2011未来授業(おすすめです)
https://www.youtube.com/watch?v=SmMrTiyP6Lw&list=PL1F064D1646966E8E
の3番目にあります。

 

〜『環境なんてない』

田んぼ〜稲が育つ〜米〜食べる〜私の体になっている。

=田んぼのお米は、将来の私たちの一部です。

ではその稲がどうやって育つかというと、土の中からいろんなもの
有機物無機物などを取って〜
そうやって観ていくとどうやって、環境と私たちは切れるのですか?
中世代に恐竜の体を作っていた、原子の一つくらいは、
自分の中に入っているのかもしれない。
「そう感じれるかどうか?」

現代教育の欠点:「環境は自分とは違うものだと教えている」
どこまでが自分ですか?
例えば;宇宙:宇宙ロケットで宇宙服して遊泳してる。
何であんなどうしょうもない服着なきゃいけないかというと、
あの中に我々が生きているこの環境をこのまま切り取って、
持っていかないと、宇宙空間で生きられないわけでしょ。
ということは、環境と我々は込みじゃないですか、どっちみち。
このままいきなり宇宙空間に出されたらあっという間におしまい。

「我々は環境であり環境の一部なんです」

小学校で環境問題を教えて、それを一つも教えていない。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

東洋思想では、
自然の元は「じねん」と読むのですが、
自然には人間(自己)が含まれていた、
明治ごろにネイチャー=自然(しぜん)と当てたので、
人と自然が区別された、間違った意識が広まってしまった。
日本は明治以後、西洋文化が入ってきて
分けて考える文化が半分入ってきてる。。。

元々は:

「環境=人間」

なので

「環境問題=人間問題」です。

だから
;環境問題ではなくて!

>>『人間の問題』<<

ですよね!

@で;

Q:なんで『問題』が多くなってしまっているのか?
A:自分の事として『感じれていない』からです。

「自分には関係ないもん!」って、思っていませんか?

明治維新から戦後、
大人たちはいっぱい間違ってきてしまった。

ある意味、教育の問題なのかも?ですが、、、

「五感」の教育がほっておかれてる。
こちらもおすすめ:
https://www.youtube.com/watch?v=yaotedIm3M8&t=1242s

情報思考から入るのではなく
本当は「感覚」「運動」が大事なのですね。
そうすると勝手に考えるようになるって。。。

赤ちゃんはいっぱいハイハイしたほうがいい。(原始反射)
幼稚園や小学生はお友達といっぱい自然の中で遊んだほうがいい。
机に座って学習するより。。。

この問題の本質「根本原因」は;『人の心の問題』です。

ゴミを自然の中にポイって捨てちゃう= 捨てちゃうとどうなる?なんて〜
:『感じれてない』のですね。。。。

金が儲かるから、大量生産し大量消費、
使い捨て、消費してどんどんゴミを産み出している
現代人は「なんかおかしい?」って少しは感じるけど、
お金が儲かる方を優先し、見ないふりしている。
=すると「感じることが麻痺してくる」のです。

企業は利潤追求のため:
どんどん新しい商品を買い替えをさせようとしてる=ブラック企業
日本は企業悪と官僚悪の国と言われているが、
「企業」も人間の心が作り出したものですね。

(もちろん利潤だけでなく環境を意識した成熟してきた
企業もないわけではないですが、とても少ないですね)

:病んだ人間が企業を創り、社会を作り、都市となり、国となっている。
マスコミは企業からお金をもらってるので、いいなりで真実は流れない。
(企業にとって、都合の悪い人物:本当の心を話す人はTVには出てこれない)

*山本太郎よ頑張れ!(れいわ新撰組を応援します)*

故に:
=政治への期待が、1:景気対策 が、一番になってしまう。

これって、根本に目を向けれてないってことだと
私は感じるのですが??みなさんはどう感じますか?

『なんかおかしいのでは?』と思っても、見て見ぬ振りして我欲優先で、
「しかたがない」と言ってしまってあきらめている。
(純粋な心で学生運動した若者が大人になって「しかたがない」と言って金儲けに明け暮れたとも言える)
すると、、、「しかたがない病」。。。
「感じないのが当たり前」になっている。
「感じれない」「思いやれない」から、間違っても「心からごめんなさい」が言えなくなる。
ちょっと悪いことしたかな?と感じても「ごめんね」って言えない人いたりしませんか?
逆に:「ありがとう」って、言えない人、「心から感謝ができない」人も。。。
「それが平気になっている大人に育てられた子供が、病んでしまう。。。」
〜悪循環。。。

『世の中を良く変えるには、どうしたらいいの?』

=政治の話をしたいのではないのです=

『世の中を良く変えるには、どうしたらいいの?』

:随分前のアメブロに
https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12230798512.html

映画「ペイフォーワード」のことを交えて書いていますが、読んでみてね!

 

現代のサラリーマンは
「感じれない人が多い」特に都市部の人は、、、
都市は「五感」を使わなくなってきている。
養老先生に言わせると、
:ほとんどの人が病気と。。。

=「え!?、それって、どういうこと?」

@:とまた思った人は、上のyoutube観てください。

 

Q:質問です=『本当に自分の心の実感に対して素直に生きているのだろうか?』

ということ:
「心の実感」
・感情に素直に実感できてる?
・体感感覚に素直に感じれてますか?

頭で考えて、押さえつけて、抹殺してたりしてないかな?
〜「無意識的に!」〜

「〜は、我慢すべきだ;〜しなければいけない」って、やっていて、

思考で「〜〜ということです。〜〜と思います。」って、習慣的に、瞬間的に、

「無意識的にそうなってないかな?」

ちょっと感じてみてきださい。

A:「あ!そう、そう、それはある」

と思う人は多いよね。。。

>この『無意識的に〜』って、『とっても怖いこと』なのです。

だって、無意識ということは
日常的な習慣になっているっていうことだから。。。

上司に怒られても我慢して、嫌な思いしても表情に出さず、

気持ち感情を抹消してると、

腹たつ、悲しい、悔しいなど不快な感情がわからなくなって、

ストレスが一杯なのに無表情に、まるで能面みたいな人に。。。

 

私もサラリーマンやってましたから、
よくわかるし、感情実感を言葉にするのは難しかった。
感じた言葉ではなく、話をすると説明的な、
頭で考えた言葉にしてしまうのね。。。

あと、

柔軟剤などの石油系化学香料の香りを「いい香り〜♩」って感じてたら;
=やばいかも?= 〜 鈍感になっている証拠。
:満員電車に慣れすぎてない??

>天然由来の香料でないと、体は緊張;呼吸が苦しくなるのが本当です。
化学物質の多くは、体には良くないのです。
:子供のADHDの原因になっている場合があるそうですから。。。

 

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

職場で、気持ち感情を出すのを我慢して、それが普通になってしまって、
ストレス溜まってるのに、解らなくなってしまう。言葉にできなくなる。
=感情を失う。

無機質な空間で触覚をなくし、仕事だからしかたがないと、

疲れた体、腰痛、肩こりなどを我慢しすぎて、体の感覚が鈍感になってきてる。

逆に、疲れてるのに、健康の為だと思って、さらに運動したりしてる人いませんか?
=体感覚が分からなくなる。

・失感情症
・失体感症

無意識的にそうなっている。

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
>>詳しい説明は、後のブログで〜

 

〜限界超えると:神経症、心身症、鬱になって。。。

:変な事件になってくるのかな。。。

 

「社会的に病んでいる」ので;
蔓延しているから余計に、実感しずらくなっている。

自分も含めて、都市部は時に;

現代の人間は「実感しずらい」ことを「感じて」「自覚」する必要がありますね。

今、ヨーガがブーム流行っていますが、
取り入れている人は、これをなんとか回復させようと
「体から求めている」のかもしれません。

この身体感覚や感情といった「心の実感」を、取り戻すには
東洋的な瞑想法:
=ヨーガ、座禅、氣功、舞踊などを取り入れると良いのです。
:なにごとも;心を落ち着けて〜!
:「自己観察」「自己探求」をやってみることからなのですね。

また、
=芸術、武術、スポーツをやったり、観戦したり、
落語や映画など、観賞することも。

:感じにくくなっている人は、
「感情が動く、揺れる」ことをいっぱいやったほうがいいですよ!

体の感覚が鈍い人は
「生体エネルギー療法」を理解したボディワークで、
:天然のアロマを使ったボディワークとかも?。。。

 

・+*@+@*+・

 

では、心理ワークとしては何がいいの?

フォーカシング、プロセスワークを取り入れた:
『芸術療法』;
『表現アートセラピー』をやることをお勧めします。

(私のコラージュのワークでの作品です)

 

:マインドフルネスで、緊張から離れて、感じやすい状態にしていきます。
:表層表面的な感じから〜深い本質的な実感へのプロセスを経験してもらいます。

「心の実感」に触れて、言語化していく。。。

=あなたの人生の本質、源、繋がりを感じられます。
=宇宙意識、天と繋がる、ONENESS。。。
といったことまで。

すると、

世の中の多くのこと、まつりごとも、私事と「感じられて」
本当の自然に生きてる実感を、
「心の実感」として!
自他利、自利利他って感じられる。
「悟り」を垣間観れるのですよ!

どうですか?

体験しにきませんか?

ヒーリングサロン「青い空の氣」

ご予約お待ちしています!

・+*@+@*+・

私のアメブロの方に、最近5つに渡って配信しています。
体験談など、ご参考にしてください。

https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12479354110.html

https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12480125979.html

https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12482784898.html

https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12486433499.html

https://ameblo.jp/ao-sora-ki/entry-12485845927.html

 

PS.

*「山本太郎さん」は、素晴らしいと心から実感します!
=だから、応援します!
:投票するって、そういうことですね!

 

カテゴリー: ブログ


このブログを書いた人

「魂が喜ぶ魔法のキネシオロジー」ヒーリングサロン「青い空の氣」曲尾幹夫

「魂が喜ぶ魔法のキネシオロジー」ヒーリングサロン「青い空の氣」曲尾幹夫(まがりお みきお)

50歳まで、グラフィックデザイナーをしてました。
辛い苦しい人生の転機「中年の危機」を、自ら経験しキネシオロジーに出会い、心理学を学び、克服し、 生きかたを変えた経験から、

あなたの愛する人生を
『本来のあなたの輝きで、明るい笑顔にします!』
を使命として!

悩み苦しみの中にいる40代:
特に「ミッドライフクライシス:中年の危機」を乗り越える応援をしています。

キネシオロジー:
心理カウンセリング&ヒーリングセラピー

・インテグレート ヒーリング
・シンギングリン(音響療法)
・クラニオセイクラルセラピー
・箱庭アートプレイセラピー

詳しくはこちら

無料カウンセリングのご案内

集団が苦手で居場所がない/感情的にぶつかって上手なコミュニケーションができない/人間関係で自分に「壁や殻」を感じる/やりたいことは何なのか?わからない、、、
そんな40代のあなたを応援したい、そして、このサイトでご縁をいただいた感謝の気持ちとして、【20分無料】にてオンラインカウンセリングを受け付けております。ぜひお気軽にお申し込みください。

ブログ検索


カテゴリー


最近の投稿

  • 人間関係にとって「実感する」が、とても大切なのは...

    質問:「あなたは自分の「気持ち」を感じていますか?」   A:え?。??どういうこと?? っ...

    詳しく読む
  • 映画「美しき緑の星」を観て: 『この社会の「洗脳...

    お盆前後は、戦争と平和に関する話題が多いですね。 映画「ひろしま」という映画NHKでやってたのを見逃してしいま...

    詳しく読む
  • 環境問題なんてないよ!と言ったら「あなたは?」

    温暖化以外にも、最近では、 海洋プラスチックのゴミ問題や 農薬大国日本:ネオニコチノイドでミツバチが消える ...

    詳しく読む
  • 社会人には「五月病」より怖い「六月病」って?

    「六月病」って言うのもあるのですね? 私は5月が一番過ごしやすい気候で好きなのですが、今日は暑かったですね。最近あ...

    詳しく読む
  • 心理学を学ぶのは「人生の転換期」にいる中高年層が...

     心理学などの学びの一般向けのワークショップやまた、 ヒーリングセラピーやカウンセリング、キネシオロジーもそうだっ...

    詳しく読む